はあとぴー

出来るだけ優しくアトピーを治す為の情報をまとめています

アトピーの基礎知識 アトピーコラム

アトピーだと恋愛は無理?私の経験から話してみた

2016/08/24

世界が広がれば、貴方を知る人が増えれば必ず貴方を愛してくれる人がいます。
これは綺麗ごとでも何でもありません。本当の話です。
今はネットも発達しています。ネットでコミュニケーションを取ることも出来ます。
世界はどんどん広げる事が出来ます。

探せばアナタを愛してくれる人がいるんですから
アトピーという事で自信を無くさないでください。

自信を無くしてしまうと貴方の魅力が減ってしまいます。

自信がなく元気が無いように見えてしまう事の方が問題なのです。
冷静だとか奥ゆかしさと元気が無いという事は全然違います。
社交的になれって言いたいわけではありません。
ありのままになってほしいんです。

アトピーでも自信を持つ方法について解説しておく

honootutaeru

アトピーに悩まされてきた私がどうやって自信をつけたのかという話をしておきます。
私はアトピーでした。ただそれだけではありませんでした。
今より太っていました。滑舌も悪いといった感じでした。

悪い所だらけの自分でしたし自信はもちろんありませんでした。
他の女の子は沢山、恋愛をして放課後も遊びに言ったりして
正直、羨ましかったです。私もあんな風に楽しめたらなあと思う日々で。

やはり自信をつけたいと思う訳です。

そうした時に私がやったのは特技を持つことでした。
特技というと超人的な何かが出来るとか他の人が出来ないと言った事ではありません。
自分が楽しいと思える事に没頭するのです。最初は下手でも構いません。

興味があってやってみたいと思ったらそれに時間を費やしてく下さい。
私の場合は踊ってみたいなあと思ったのでダンスを1人で踊っていました。

と言っても最初は全然本格的なものではありません。体を動かしていれば楽しかったでしたし。
ただそれを6年間続けています。今ではかなり本格的に踊っていますし
自己紹介の時でも「ダンスが得意」というレベルです笑

毎日、思う存分踊っていました。
そうした結果いつの間にか30㎏くらい痩せていて気がついたらおデブではなくなっていました。

そして何よりも自分には踊るという力があるんだと知って自信がついたわけです。

これもまた気がついたときにはアトピーで自信を無くすという事はなくなり
アトピー自体も改善して今は楽しく生きています。

何よりもアトピーについて知る事で早く治せる

私はアトピーを諦めかけていました。
小学生の頃から貯めていたお小遣いやお年玉のお金を使って
クリームやサプリ等を買いまくりました。
それでも改善した気配が無かったんです。

当然、アトピーは治らないものだと心の中で思っていました。
今の私が過去に戻れるなら「治るから安心して自信持って」というでしょう。

アトピーだから、と諦めるのではそこで終わりです。
私も希望はほとんど捨てていました。
でも少しの希望を持ってアトピーを治そうと行動はしていました。

偉そうなことを言うつもりはありません。
ただアトピーについての知識を深めましょう。

その為に本を読むのもイイですし、
皮膚科に行った時に聞いてみるのもイイでしょう。
このサイトを利用してみるのもいいと思います。

このサイトは出来るだけ正確な情報を伝えたいと思って作っていますので
サイトを見るだけでもいいんじゃないかなと思います。

管理人
もちろん、参考程度にしかならないかもしれませんが
色々試してみて自分に良さそうなものを続けて貰えればいいと思います。


1 2

-アトピーの基礎知識, アトピーコラム
-, , ,

管理人・上田がお薦めする保湿剤&サプリ

アクアゲルマジェル

この保湿剤はアトピーの人の口コミも多くかなり知られていますね。

89,8%がかなり高評価の口コミを寄せています。

全ての口コミを見るには公式サイトを見て頂ければわかると思います。

他との違いは油でフタをしてしまう一般的な保湿剤ではなく

ナノ還元水が角質まで浸透する事によって潤いを与えてくれます。

またヒアルロン酸の2倍の保水力のリビジュアが配合されています。

現在、ご購入いただくと60日間の返金保証がついています。

アトピーサプリメント「アトケアプロ」

ガサゴワ肌やかきたい衝動で困っている人にお薦めするアトピーサプリです。

子供向けのようですが20代の私も使用して問題なかったです。

夜も眠れない程かゆくて、不眠症まで陥った私が半信半疑で購入したサプリです。

詳しい事については詳細ページにて書いておきましたので

是非読んでおいてください。

アトケアプロを3ヶ月間毎日飲んだ実践記録も書いてあります。

500円でアトケアプロを購入する方法についても書きました。