はあとぴー

出来るだけ優しくアトピーを治す為の情報をまとめています

アトピーコラム

お酒でアトピーが悪化する?アトピーとアルコールの関係とは?

2016/06/18

しかし、上で挙げたことはアレルギー反応ではなく

アルコールによる正常反応とも言えますので
そこまで深刻に考えなくていいようです。

これはあくまで一般平均的な話で、

アルコールに弱い体質な人であったり毎日晩酌する人は注意が必要です。
注意と言ってもアルコールによる直接的影響ではなく
アルコールによって肌が乾燥し痒くなって掻いてしまいアトピーが悪化するケースがあるからです。

かと言ってアルコール摂取をやめればアトピーが良くなるのか?
というと”個人差がある”というのが今の段階での考えとなっております。
一例として毎日晩酌をしていた人が酷いアトピーの赤みと痒みで悩んでいて
断酒をしたところ2日目からアトピー症状が治まってきたという事例もあります。
ですが、あくまで個人差があるので断酒をすれば良くなるとも言える確証は今はありません。
それに断酒をいきなりしなくてはならないというのも難しい話だったりします。

いきなりの断酒はお薦めできない。その理由は?

よくアトピーの方は断酒した方が良いと言われいていますが

私はその考え方にちょっと待ってほしいと思います。断酒まではしなくていいです。

それは何故かと言うと”ストレスによるアトピー悪化”が大きいからです。
お酒が好きな人にいきなり断酒はストレスとなり余計アトピー悪化する可能性の方が高いからです。
断酒をするのではなく”控える”ことはとても良いと思います。
お酒を断酒するのではなく週に数日たしなむ程度に楽しくお酒を飲む。
量も1度に飲む量をそこで減らせれば更に良いと思います。

アルコール摂取によりストレス発散となり痒みが出ない程度の飲酒であれば逆に良い事とも私には思います。
ですが注意して欲しいのは飲むお酒の種類です。
一番お勧めなのはワインやブランデー等です。
逆に焼酎や日本酒、ビールは控えた方がいいみたいです。
アトピーとの相性もあるのです。

お酒だけではなくおつまみも良く考えましょう。

例えば塩分の少ないものを少量が良いでしょう。

出来るだけ野菜を使った健康志向のおつまみが良いです。

アトピーの方に限らず健康面から塩分量は良く考えましょう。

 

アトピーとお酒の関係性まとめ

結論としてアトピーは精神的なものの影響が大きいので
ストレスを溜めないことです。
そしてアトピーとアルコールに関してアトピー悪化の原因とは関係ないということもわかりました。
アルコールにより引き起こる赤みや痒みは
アルコール摂取から起こる血流の流れと脱水症状から引き起こされ

無意識に掻いたりしてしまい悪化するという現象であり
アルコールとの直接的な因果関係は無いと言えます。

なのでストレスが溜らない程度に飲みすぎず我慢しすぎず
楽しく飲酒をすることがいいでしょう。


1 2

-アトピーコラム
-, ,

管理人・上田がお薦めする保湿剤&サプリ

アクアゲルマジェル

この保湿剤はアトピーの人の口コミも多くかなり知られていますね。

89,8%がかなり高評価の口コミを寄せています。

全ての口コミを見るには公式サイトを見て頂ければわかると思います。

他との違いは油でフタをしてしまう一般的な保湿剤ではなく

ナノ還元水が角質まで浸透する事によって潤いを与えてくれます。

またヒアルロン酸の2倍の保水力のリビジュアが配合されています。

現在、ご購入いただくと60日間の返金保証がついています。

アトピーサプリメント「アトケアプロ」

ガサゴワ肌やかきたい衝動で困っている人にお薦めするアトピーサプリです。

子供向けのようですが20代の私も使用して問題なかったです。

夜も眠れない程かゆくて、不眠症まで陥った私が半信半疑で購入したサプリです。

詳しい事については詳細ページにて書いておきましたので

是非読んでおいてください。

アトケアプロを3ヶ月間毎日飲んだ実践記録も書いてあります。

500円でアトケアプロを購入する方法についても書きました。