はあとぴー

出来るだけ優しくアトピーを治す為の情報をまとめています

アトピーの基礎知識 アトピーコラム

動物が原因でアトピー?ペットを飼うのは危険なのか?

知人や親しい人、飼ってくれそうな人に飼って貰う方が良いでしょう。

 

そして2つ目の覚悟の上飼育するという事ですが、

家族同然のペットとお別れするのがツラくてストレスで寝込むような人もいるでしょう。

そういう方はアトピーで悩むことを覚悟の上で飼育するほかありません。

飼育しながら病院に通って治していく事も出来ます。

当サイトで紹介している方法を使ってアトピーに挑んでみることも出来ます。

 

コレに関しては貴方とその家族がペットに対してどう思うのか

アトピーに対してどう向き合うのかによって変わってくる問題なので

私からこうしろああしろという事は出来ません。

なので貴方が納得できる決断をすると良いでしょう。

 

そして覚悟の上、飼育する事を選ぶ方には読んでおいてほしい事を書いておきます。

きっと役に立つと思いますので良かったら読んでください。

アトピーに悩む人とペットの関わり方・対策方法

現在アトピーが酷くて悩んでいる人、

そしてペットを飼っている方は読んでおくと良いでしょう。

アトピーに悩む貴方がペットとどう関わっていくのがベストなのかという事です。

アトピーが悪化せずにペットと触れ合える日々を送ることは出来るのか。

掃除は徹底的に行いましょう。

上でも説明しましたがペットの毛はアレルゲンにもなります。

そして、フケもアトピーを悪化させてしまいますので

過度に触れず、抜け落ちた毛やフケはすぐに掃除して清潔を保ちましょう。

清潔にしていけばアトピーも改善していくかもしれません。

毛やフケが悪化の原因の人、そうかもと思っている人はぜひ試してみてください。

排泄物は早めの処理を心がけましょう。

ペットがした排泄ですが、外でするのであれば外で処分すればいいのですが

ペット、例えば犬や猫を室内で飼う場合もあるでしょう。

その場合に注意して欲しい事なんですが、

その排泄物は出来る限り早く処理してしまう事です。

確かに砂で吸収してくれるし、隠れるし良いかなと思ってしまいますが

排泄物は砂で乾燥してしまいます。その結果水分が蒸発してしまい

乾燥した排泄物が巻き上げられることがあります。

それがアトピーを悪化させることがあります。

1番いいのは住み分けをすること

出来れば住み分けをすることが出来ればした方が良いです。

犬であれば家の中で買うのではなく外で飼育する、とかですね。

それが無理な場合はこの部屋には入れないように決めておくとかも有効です。

ある程度ペットとの生活をすみ分ける事でアレルゲンと接触する回数も減らせるでしょう。

ただし、飼っているペットによっては室内でしか飼育できない場合があります。

その場合は室内で飼うようにしましょう。

またいきなり住み分けをしてしまう事でペットがストレスを感じてしまう事がありますので

徐々に限定していく事を心がけてください。

 

今回お話したことは結構大事な話なのでペットと暮らしている方は

今の生活とアトピーを考えてみてくださいね。


1 2

-アトピーの基礎知識, アトピーコラム
-, , , ,

管理人・上田がお薦めする保湿剤&サプリ

アクアゲルマジェル

この保湿剤はアトピーの人の口コミも多くかなり知られていますね。

89,8%がかなり高評価の口コミを寄せています。

全ての口コミを見るには公式サイトを見て頂ければわかると思います。

他との違いは油でフタをしてしまう一般的な保湿剤ではなく

ナノ還元水が角質まで浸透する事によって潤いを与えてくれます。

またヒアルロン酸の2倍の保水力のリビジュアが配合されています。

現在、ご購入いただくと60日間の返金保証がついています。

アトピーサプリメント「アトケアプロ」

ガサゴワ肌やかきたい衝動で困っている人にお薦めするアトピーサプリです。

子供向けのようですが20代の私も使用して問題なかったです。

夜も眠れない程かゆくて、不眠症まで陥った私が半信半疑で購入したサプリです。

詳しい事については詳細ページにて書いておきましたので

是非読んでおいてください。

アトケアプロを3ヶ月間毎日飲んだ実践記録も書いてあります。

500円でアトケアプロを購入する方法についても書きました。